映画『清洲会議』…
サラッと確認してみたら、映画を観に行ったのは半年振りらしかった。
で、今回観に行ったのは、三谷幸喜監督の『清洲会議』でした。

本能寺の変が起こり、秀吉が首謀者である光秀を討ち破った後の事。
信長・信忠の父子が亡き後、織田家の後継者を誰にするのか?と。
全家臣が清洲城に集まり、後継者が決まるまでの数日間(?)を描いた話。

荒々しい合戦模様を描いているわけではないので、誤解のない様に。
丹羽長秀+柴田勝家と、羽柴秀吉(&黒田勘兵衛)による、策略合戦in城内…です。

大泉さんが秀吉だって事を知って慌てて観に行った、と言う訳ではないですが。
何かで氏の役の絵を見た時、妙に似合っていて、面白そうに思えてしまい。
とりあえず観とくか!って流れになってしまったので、仕方ないですね。

ちょんまげカツラが、氏のもじゃ毛を見事にかき消している事に感動。
時代劇における、カツラ技術の発達は素晴らしいな!と。
内容とは全く関係ない所にも、感心させられました。

内容も、真面目<面白い、ですし。
久し振りに、上映中に笑いました。

テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック