姜維伝…
ブログを始めて、2年目に入った訳ですが。
今と一年前を比較して気が付く事は、読書量の激減。

去年の今頃は、三国志検定を受けるべく、関連書籍を“読まされてた”状態だったので(汗
今年は、もう少し気楽に三国志の本を読んでみるか?という事です。

たまたま書店で見つけたのがこの本だったから、
無理にこじつけたんだろ?とか、そんなツッコミは聞きません。

姜維伝

劉備・諸葛亮の意志と蜀漢の地を、最後まで守ろうとした忠臣とみるか?
それとも、国を滅ぼした、ただの愚か者とみるのか?

「そんな議論は要らない!」

単純に、一人の男の生き方として、どうだ?という事で…

テーマ:読書
ジャンル:小説・文学
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック