祈りの幕が下りる時…
今年の正月に、TVerで、ドラマ10話と、赤い指、眠りの森、を観ていて、
この映画が上映されたら、観に行こうと思っていました。
特に、赤い指は、小説もドラマも、自分には強く心に残っています。

主人公の加賀を演じる阿部寛、面白くて、味があるのでいいですね。
…というより、この人主演の映画やドラマを見ることが、確実に増えています。

で。東野圭吾原作の小説、加賀恭一郎「新参者」シリーズの映画化。
シリーズの完結編ということらしいですが。
この数年、小説を読む時間がめっきり減ってしまい。
また、最近読んでいるジャンルも歴史物に偏ってしまっているせいで、
久しく、作者の小説を読んでいなかったので、忘れていて、今更知りました。

時間を見つけて、また氏の小説、何か読んでみようと思います。。。

テーマ:邦画
ジャンル:映画
探偵はバーにいる3…
上映初日の晩、仕事帰りに観に行ってきました。

今年に入って、最初に観た映画になります。
そして、これが最後になるかも知れない、という…(汗
一年に一本しか観ていない年も、近年では珍しい事です。。。

珍しく、途中でトイレ…という事も無く、最後までみていられました。
で、エンドロールで帰る人も居なくて。
他の人達も、ホントに最後まで、観賞していましたね。

前作から4年近く経っていますが。
相変わらず、というか、安心してみていられました。
次回作があるなら、もう少し早いペースで観たいです。

あと、どうでしょうの新作って、どうなったんだ?と、…。

テーマ:邦画
ジャンル:映画
聖の青春…
今日から封切りになる映画、聖の青春。
仕事が終わった後に寄り道して、観賞してきた。

自分の中の時系列で行くと、丁度、将棋を覚え始めた頃でして。
新聞の棋戦欄や、NHK杯の放送なんかも観たりしていたので、村山氏も少し記憶にありました。
一応、癌で氏が亡くなったという事もどこかで知って、おぼえていたので…。

映画だけでいいと思っていたけど、それよか先に、原作の小説を読んでしまいました。
…という訳で。原作を知ってから観てしまったので、映画の内容だけでは、物足りなさを感じてしまいました。(汗
告知やCMとかで見て期待が膨らんでしまっただけに、時間が長くなってもいいから、もう少し詳しく…と。

将棋盤の代わりになるとの事らしいので、ハンカチを買ってきました。
出張が長くなるような時には、これと駒を持って出掛けるのも悪くないかも知れん。
あと、観賞中に、トイレで2度ほど席を立ってしまったのは、反省。
後日、DVD化されたら、もう一度観ておこうと思っています。。。

テーマ:日記
ジャンル:日記
神々の山嶺…
1月に映画を観に行った時に、夢枕獏の『神々の山嶺』が上映されると知り。
上映初日の晩、仕事帰りに寄り道して観てきました。

この小説を読んだのは、随分昔の事なので、細かい所が曖昧でしたが。
映画を見て内容を思い出した、って感じです。
出演者は阿部寛、岡田准一など。ピエール瀧も出てたりします。
自分が好む人達が多かったので、より良く思えたかも知れません。
今回は途中でトイレで席を立つ事も無く、無事最後まで観れました。

ネパールの街並みや山の風景では、学生時代にネパールを旅した事を思い出してしまい。
毎日仕事漬けで頭が倦んでる自分は何だ?と思ってしまった…(汗
今はもう、自由に旅できるような状況ではないからねぇ…

テーマ:日記
ジャンル:日記
シャーロック~忌まわしき花嫁
この週末は金曜の晩しか、都合の良い時間がなかったので。
仕事が終わってから時間を潰して、映画のシャーロックを観て帰宅しました。
観賞者の特典で、本のしおりを貰いました。
最近では珍しいですね、これは使おうと思っています。

この映画は、海外で放送されているテレビドラマの、劇場版らしいく。
冒頭は本編ではなく、まず舞台背景の紹介から始まるという…。
そして本編終了後は、特典映像という名のオマケが上映されます。
実際の本編そんなに長くなかった?と後で思いました。。。

元のドラマを知らないので、現代版ホームズの番組って言われても何のこっちゃ?って話ですが。
この前の年末、海外出張での飛行機の中で、年老いたホームズの映画を観ましたし。
海外では、色々なホームズ物が放送されている様です。

また、どこかでこういう物語を観れる機会があるといいのですが・・・。

テーマ:日記
ジャンル:日記